redmineをSQLiteで使う

前提

redmineを適当に使いたいときにわざわざMySQL DBやwebサーバまで用意しないといけないのは面倒。
SQLiteとWEBrickを使えば単独で使える。

★ただしWEBrickでの運用は本来推奨されていないので注意。
まあローカルネットワーク内で使う等ならよいかなと。

基本的には以下参照。ただしsqliteを使う場合の設定は特に書いていないのでメモを残す。
http://blog.redmine.jp/articles/3_3/install/ubuntu/

環境

  • ubuntu16.04
  • redmine3.3.2
  • ruby 2.3.1p112 (apt-getでインストールしたもの)

準備

いろいろインストール。

sudo apt-get install -y ruby bundler
sudo apt-get install -y sqlite libsqlite3-dev
sudo apt-get install -y build-essential zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev libyaml-dev libcurl4-openssl-dev
sudo apt-get install -y imagemagick libmagick++-dev fonts-takao-pgothic libmagickwand-dev

コード取得。

wget http://www.redmine.org/releases/redmine-3.3.2.tar.gz
tar xvfz redmine-3.3.2.tar.gz
cd redmine-3.3.2

設定

DB接続に関するコンフィグファイルのテンプレートをコピー。

cp config/database.yml.example config/database.yml

config/database.ymlを修正。有効になっている箇所をすべて無効にし、adapterがsqlite3になっている箇所のコメントを外す。
以下だけになるはず。

production:
  adapter: sqlite3
  database: db/redmine.sqlite3

メールサーバ接続に関するコンフィグファイルのテンプレートをコピー。

cp config/configuration.yml.example config/configuration.yml

「production:」以下に追記。

production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      address: "localhost"
      port: 25
      domain: "example.com"

  rmagick_font_path: /usr/share/fonts/truetype/takao-gothic/TakaoPGothic.ttf

example.comの部分は自前のものに。
別途MTAのセットアップが必要。

rubyパッケージのインストール。10分程度かかる。

bundle install --without development test --path vendor/bundle

初期設定と初期データの登録。

bundle exec rake generate_secret_token

データベーステーブル作成。

RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate

デフォルトデータの登録。

RAILS_ENV=production REDMINE_LANG=ja bundle exec rake redmine:load_default_data

起動確認

以下で起動する。

ruby bin/rails server webrick -e production -p 20080 -b 0.0.0.0

以下のURLにブラウザからアクセス。
http://(そのマシンのIPアドレス):20080
user:admin、pass:adminでアクセスできればOK。

あとは別途自動起動するようにする等すればよい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク